FC2ブログ

TAGARUオーダースーツのすすめ

オリジナルでアンコンジャケット「ナポリシリーズ」を作り、それからも進化そしてスタッフの技術も日々向上中。

レディースのオーダーメイドを強化中。ビジネスとカジュアル幅広いラインナップでオーダー可能です。

多くの生地やオプションの数々、トレンドを踏まえたセンスの良いフィット感、価格はリーズナブルでスピーディー。きっとタガルの虜になる事間違いありません。 

TAGARU

TAGARU Personal Order & Lively Motion
スーツとシャツの簡単オーダーメイド

隠れ家的sarugaku

代官山駅から徒歩3分
恵比寿店もうなぎ上りで急成長

クールビズ シャツの着こなし

Posted by tagaru on 27.2011 講座
シャツの着こなし

クールビズはどんな格好をしたらいいのかわからない。

暑い夏に備えて半袖シャツを買おうか悩んでいる。

今あるものでかっこ良く着こなすにはどうしたらいいか。

などお困りの方はいらっしゃるかもしれません。

そこで今回はシャツのカッコいい着こなし方をお教えしましょう。





シャツ58


なにも難しく考える必要はありません。

ご自宅にあるお持ちのシャツを着て頂ければいい、それだけでいいんです。

ただ言っておきたい事はいくらクールビズで清涼な格好をと言っても、”だらしがない格好”と

思われない様にしなければいけません。

あくまでも清潔にを心がけて下さい。

スラックスは普通にスーツの下を合わせるか、周りを見てもう少しラフでも良ければコットン素材

で合わせて着るのがベター。

シンプルな服でもほんの少し手を加える事で、見た目の印象は大きく違って見えてきます。






袖のカッコいい捲り方

シャツ袖1

まず長袖シャツを着ます。(写真カフス部分が長めですが、普通の短めカフスでも出来ます。)

普通に袖をまくり上げるならロールアップとなりますが、それではつまらない。

シャツ袖3

カフスの先を二の腕まで二つ折りに持ち上げます。

この時(短冊)部分のボタンは留めておいて下さい。

シャツ袖4

そして折り曲げた先の部分を先ほど折上げたカフスの少し下辺りまで折り曲げて

カフスが見える部分を三角に見える様に、内側を深くかぶせて完成です。

折り曲げる位置はご自分で調整して下さい。

シャツ袖5

さらにカフス先端部分を手前に折り返したもの

白色の普通のシャツなのに、カフスの裏と糸の色がアクセントとなっていい感じです。

この折り方は私が学生の時あれよこれよと、袖をいろいろ捲っていて編み出した自分的には

オリジナルだったんですが、イタリアのチョイワル?な人がよくやっている捲り方です。


シャツ袖6

カフスにアクセントとしてクローバーの刺繍を施しています。

これくらいはビジネスでも許されますよね?







衿はすっきりイタリアンカラーで


衿はネクタイなくても良いのであればイタリアンカラーなんていかがでしょうか?

衿を開けて着た時、襟元がヨレっとしなくてラインがスッキリしていてきれいです。

これは衿と身頃が繋がっていて一枚で作られている為きれいな襟元が作り出せるのです。

メンズシャツ
TAGARUオリジナルイタリアンカラー(イングランドボタンダウン)

生地の柄がストライプだと斜めのラインが引き立ちます。







衿の裏が違う柄だったり、テープでラインが入ってあったり、ボタンとボタンの付ける糸の色が

違っていたり一ヶ所だけでいいのでポイントがあると見てる人はそこに目が行き「おっ?なんだ?」

って思うのです。

その「おっ?なんだ?」が心理的に「オシャレだなー」に、いつの間にか変っていることってあると

思います。

こうした些細な着こなし(初級編)に慣れて来たら徐々に次へのステップを踏んで、オシャレを

楽しんで頂ければと思います。

ぜひ袖の捲り方試してみて下さい。







前回もご紹介しましたが「はいさいキッチン」のイケメン奥井さんにも伝授(キマってます!)
ユニフォーム

ユニフォームシャツ




袖だけで言うと、七分袖もいいですね。

ビジネスというより少しカジュアル向け。

半袖でも長袖でもないという今までになかった微妙な長さの袖が新鮮でおもしろいと思います。

かっこ良く見えるというより、かわいく見える感じです。







今回はあくまでも長袖で着こなしたい方への提案でしたが、暑すぎる夏を快適に過ごすにはやはり

半袖が最適です。

これから暑い日が続きますが快適に、そして清潔にを心がけながら

オシャレなビジネスシャツライフ?を過ごして頂ければと思います。
 HOME 

プロフィール

tagaru

Author:tagaru
TAGARUブログへようこそ!
タガルの山本です。最近ではスタッフも増え店内もご提案商品が充実してきました。息抜きに外に出かけた時の些細な情報からスーツやシャツのオーダーメイドに関する疑問や思った事を織り交ぜながら書いていきます。

検索フォーム