FC2ブログ

TAGARUオーダースーツのすすめ

オリジナルでアンコンジャケット「ナポリシリーズ」を作り、それからも進化そしてスタッフの技術も日々向上中。

レディースのオーダーメイドを強化中。ビジネスとカジュアル幅広いラインナップでオーダー可能です。

多くの生地やオプションの数々、トレンドを踏まえたセンスの良いフィット感、価格はリーズナブルでスピーディー。きっとタガルの虜になる事間違いありません。 

TAGARU

TAGARU Personal Order & Lively Motion
スーツとシャツの簡単オーダーメイド

隠れ家的sarugaku

代官山駅から徒歩3分
恵比寿店もうなぎ上りで急成長

礼装について

Posted by tagaru on 30.2010 未分類
先日ご来店のお客様でタキシードのご依頼がありました。

説明していく中で、「それってどういう意味があるんですか?」「それは必要ですか?」という

質問が何度かあり、それに対して浅い知識ではありましたがご説明していくうちに

ファッションに関するコネタって、結構あるんだなーって改めて思わされました。

そんな事で、礼装って皆さんも着る機会はそんなにないとは思いますが

これって何?って疑問に(聞かれていないですが)勝手にお応えしていきながら

私自身勉強していきたいと思います。





まずは種類と特徴から説明していきます。

『モーニングコート』『燕尾服』『タキシード』 『ブラックスーツ』『ディレクターズスーツ』などが

ありますが、これらを着るにはあるルールがあります。

1. 時間帯に合わせて着る礼装を選びます。

2. 参列者の立場として、その場にふさわしい服装を選びます。

3. 組み合わせと着こなし



これらを考えると随分と難しく思うでしょうがそれぞれ意味があっての事

これからの事を最低限度踏まえておくと恥をかきませんよ。(責任はもてませんが;;)




『モーニングコート』(モーニング)

モーニングコートはその名の通り、午前に着用するものです。

モーニングだから朝だけ、という訳ではなくて、夕暮れ前までの着用が許されています。

夜のパーティーなどの着用はNGです。

朝方に着る正装だからその名が付いたとか(単純です)

私事ですが昔、友達の夜の二次会に招かれたときに上はモーニング、下にジーンズを合わせて

出席した事があります。若気の至りです。



装いとしては

・上着:ピークドラペル、シングルブレスト
    ウエストに接ぎ目が入っていて、裾が前側から後ろまで斜めにカットされて、
    膝の高さのところで合わさるようになっているペンギンみたいな形。
    センターベントになっており、ベントがボタンなどで止められている。
    釦は裏と表に重ねて付けてあります。それでKiss釦とか拝み釦と言います。
    そうする事で左右対称になり、拝み合わせに着る事ができます。
    襟には拝絹(シルクサテン)が付けられています。

・ベスト:上着と同素材か、グレーのシングルブレスト

・パンツ:コールズボン(黒とグレーのストライプ)

・シャツ:ウイングカラーの白シャツ

・タイ:蝶ネクタイorアスコットタイ

・ポケットチーフ:白

・ベルト:サスペンダーベルト

・靴:黒のエナメルシューズ

・カフス釦:真珠又は白蝶貝

・白のハンカチーフ




『燕尾服』(テイル・コート)

『燕尾服』は夜の正礼装です。

通常、朝や昼間のパーティーには着用しません。

「ホワイトタイでお越しください」となっている場合は『燕尾服』の着用を意味します。



装いとしては

・上着:丈の短いシングルブレスト、またはダブルブレスト
    フロントの裾は斜めにカットされてベルト下くらいの丈で短めです。
    脇から後ろにかけて燕の尾のように2つに割れて長く、膝くらいまでの丈。
    襟には拝絹(シルクサテン)が付けられています。

・ベスト:白のシングルブレストまたはダブルブレスト

・パンツ:上着と同素材の黒のパンツ、脇に側章(サテン地で脇にラインが入ったもの)。

・シャツ:ウイングカラーの白シャツ

・タイ:白の蝶ネクタイ

・ポケットチーフ:白のスリーピーク

・ベルト:サスペンダーベルト

・靴:黒のエナメルパンプス

・カフス釦:白蝶貝

・白のハンカチーフ





『タキシード』

タキシードは1886年、ニューヨークのタキシードパークで初めて着られました。

夜の正礼装『燕尾服』の会に出席した主催者の父が燕尾服を着るのを忘れたまま、真っ赤なジャケットを

着て出て来てしまった事から始り、その後若者が流行らせたとか。

タキシードは式場やなパーティーに、昼夜問わず着られる礼服です。

「ブラックタイでお越し下さい」とあればタキシードのこと

これ一着あれば、昼夜問わず、如何なるフォーマルシーンや、パーティシーンに対応する事が可能です。

近年ではドレスダウンなスタイルとして、タキシードにカジュアルを合わせた着こなしも定着しました。



装いとしては

・上着:ピークドラペルorショール(ヘチマ)、シングルブレストorダブルブレスト
    襟は一般的に拝絹付(シルクサテン)
    基本的にはベントなし。
    釦は裏と表に重ねて付けてあります。それでKiss釦とか拝み釦と言います。
    そうする事で左右対称になり、拝み合わせに着る事ができます。

・ベスト:上着と同素材か、違素材、シングルブレストorダブルブレスト

・ウエスト部:カマーバンド(ヒダになった方を上に向ける、腹巻きみたいな形)

・パンツ:同素材で側章(シルクサテンのライン)付き、もしくは側章なし

・シャツ:ウイングカラーで、細かいタックが胸の部分に付いているヒダ胸

・タイ:蝶ネクタイorアスコットタイ 白かグレーか黒白のストライプ

・ポケットチーフ:白もしくはグレー

・ベルト:サスペンダーベルト

・靴:黒のエナメルシューズ

・カフス釦:真珠又は白蝶貝





『ブラックスーツ』(略礼服)

日本の礼服です。日本の礼服は、世界の人々の目には、単なる黒のビジネススーツに見えるでしょう。

海外ではブラックスーツは着られていますが、現在では冠婚葬祭として併用しておりません。

パーティーやお祝い事で着られるスーツは、タキシードベースの細番手の光沢のあるスーツです。

葬儀などでは光沢を押さえたブラックスーツと分けられているのが常識でしょう。

日本のは、朝から夜まで、慶事、祝事から弔事まで、多くのセレモニー、レセプション、パーティなど、

フォーマルな場に幅広く対応出来る、大変便利な服です。

便利だけれど考え方次第では失礼にあたると思いますが、、、。

「平服でおこしください」と招待状に書いてある場合はブラックスーツを差しているか

堅苦しくなく、お越し下さいという意味を含んでいるため、お持ちのダークスーツがふさわしいです。

平服と言っても、あなたの普段着のカジュアル服の事ではありません。



装いとしては

白シャツにシルバーグレイの無地か白黒ストライプ、白かグレイのチーフが一般的ですが少しダサイ様に

感じます。色は黒で形もタキシードと似ているのですからお祝い事にはウイングカラーに黒の蝶タイを

合わせる、アスコットタイやスカーフをシャツの襟中になど工夫があって楽しむ事も大事です。

ただ、白い蝶ネクタイと一緒にしてはいけません。マフィアかその手の人に間違えられます。

葬儀などでは白シャツに黒ネクタイ。

飾り物や光り物は必ず外して下さい。お亡くなりになったご親族の方に失礼になります。





『ディレクターズスーツ』

日本のディレクターズスーツはまだ日が浅く、1990年代始めに誕生しました。

ブラックスーツ(略礼服)の上着とモーニングのコールズボンを組合わせます。

シルバーベストが一般的、白かシルバーのネクタイを合わせます。

正礼服ではありませんが、

世界の人々が認めるグローバル・スタンダード(世界基準)の昼の礼装です。




モーニングコートは媒酌人や主賓としての立場や記念行事の主催者、葬儀では喪主や親族が着用。

タキシードはオペラなどのコンサート主催者や指揮者や歌い手、結婚式では媒酌人や主賓、会社の上司、

若い方で知人・友人なら、余程格式がある所でなければ、タキシードやディレクターズスーツまでは

普通着ていないのが現状です。

やはり、簡略化されつつある今の時代では、

ビジネス/相手のご両親へのご挨拶/結婚式/披露宴/葬儀は、ブラックスーツ一着で全てまかなえます。

上記を踏まえながら失礼でなく、それでいてオシャレに着こなすのは簡単ではありませんね。




長くなったので次回に続く
 HOME 

プロフィール

tagaru

Author:tagaru
TAGARUブログへようこそ!
タガルの山本です。最近ではスタッフも増え店内もご提案商品が充実してきました。息抜きに外に出かけた時の些細な情報からスーツやシャツのオーダーメイドに関する疑問や思った事を織り交ぜながら書いていきます。

検索フォーム